SOLO EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2022/1/10(Mon)〜1/15(Sat) 12:30-20:00*
*1/15(Sat) 12:30-17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望等お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

高橋 まや  Maya Takahashi

展示風景
IMG_3052
IMG_3053
IMG_3054
IMG_3055
IMG_3056
IMG_3058
previous arrow
next arrow

 

作品紹介動画

 

ARTIST PROFILE
<Profile>
美術作家。
1985年、大阪府出身。東京都在住。
学生時代から独学で絵を描き、会社員勤務(洋菓子店店長)を経たのち、
2012年よりアーティスト、イラストレーターとしての活動を始める。
主に「女性」をモチーフに、アクリル絵具と日本画画材を用いたミクストメディア作品を得意とする。ウッドパネルに独自の処理を施し、木の質感を生かす手法で描かれる作品は、
見る度に絵肌の表情が変わって見える不思議なテクスチャと、柔らかな透明感が魅力との評価を受けている。
「心身が健やかであろうとすること」「瞳に、自由と希望を見つめる光を」
「憧れの気持ち」を大切に、ノスタルジックかつ華やかなテイストで、希望の象徴としての女性像を描く。[個展]
2012  「ひとり のみの 夜 -Drinking alone tonight」SCOPP CAFE
2015  「あこがれ、れんれん」coffee&gallery ゑいじう
2016  「四月は綿菓子のにおい  五月は薄荷のかけら」ぽたかふぇ。
2017  「彼女の世界のコピー紙はクリームキンマリかもしれない」ぽたかふぇ。
_    「高橋 まやの”ひとり実験室”East Forest Laboratory」ちいさな雑貨ギャラリープラムツリー
_    「高橋 まや展」GALLERY ART POINT.bis
2018  「一秒間のきんいろ」ぽたかふぇ。
2019  「高橋 まや展」GALLERY ART POINT.bis

[グループ展]
2012  「Femme2012」GALLERY ART POINT
2013  「Femme2013」GALLERY ART POINT
_    「U35・500 ARTISTS JAPAN EXHIBITION 2013」横浜赤レンガ倉庫
2014  「AAAピックアップアーティスト展」AAA GALLERY
2016  「ACT ART COM」アートコンプレックスセンター
_    「Stories」GALLERY ART POINT
2017  「New Year Selection 2017」GALLERY ART POINT
_    「装幀画展Ⅴ -文学とアートの出逢い-」パレットギャラリー
2018  「ACT ART COM」アートコンプレックスセンター
_    「KIZUNA 2018」GALLERY ART POINT
2019  「ART POINT in Paris」galerie metanoia
_    「KIZUNA 2019」GALLERY ART POINT
2020  「山本冬彦が選ぶ若手作家小品展Ⅵ」枝香庵Flat
_    「アグライア展」Gallery ARK
_    「KIZUNA 2020 アートの力美術館支援プロジェクト」GALLERY ART POINT
_    「ART POINT Selection Ⅴ」GALLERY ART POINT
_    「アルマ展」Gallery ARK
2021  「桜恋 -Sakurakoi-」GALLERY ART POINT
_    「ポラリス展」Gallery ARK
_    「私のちいさなたからもの展Ⅱ」銀座画廊 美の起原

他多数の展示に参加

[受賞歴]
2013  U35・500 ARTISTS JAPAN EXHIBITION 2013 (日本文化芸術機構) 入選
2018  ACT ART COM アート&デザインフェアー 2018
_    リキテックス・ウィンザー&ニュートン コンペティション Muse部門/WINSOR&NEWTON賞
2019  桜Exhibition2019/PICO賞

 

<Statement>

二年二か月ぶりの個展となりました。

コロナ禍のために長く間が開いたわけではないのですが、
強制的に自分の内側を見つめる時間が増えたなぁと思いながら、
あまり焦ることもなく、元気に制作しておりました。

「当たり前」だと思い込んでいる
あらゆる物事の限界や境界は、
形も在り方もたやすく変化していくこと

そもそも、全てのことは、
絶えず変化しているということ

毎朝口にする果物の味や、眺める草花の姿に、
勝手に過ぎていく季節に置いていかれるような焦りと
なぜかホッとする奇妙な喜びを感じていたこと

世界の不確かさを肌で感じている時、
他者との繋がりを切実に求めている時、
自分の心がどう揺らぐのか
どんな風に祈っているのか

……

二年の間に感じたそれらのことが正直に表れている、
そんな作品たちになっていればいいなと思います。

幼い頃から自分にとって「希望」の象徴である女性像をベースに、
誰かの日々のなかの喜びのひとつとして
健やかにそっと輝くことができるような作品を、
これからも精一杯作ってまいります。

何かひとつでも好きだと感じていただけるものがありましたら、
作り手としてこの上なく嬉しく思います。

 


GALLERY AND LINKS 81 ギャラリーアンドリンクスエイティーワン  では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして貸画廊、企画画廊として開廊しました。
今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。
開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらから。
For further info on exhibition display and content, please refer to this link
GALLERY AND LINKS 81
代表:渡部  清子